【デスバレー国立公園】暑さMAXの8月に行ってみた~スターウォーズロケ地を訪ねる~

アメリカを旅する

8月暑さ真っ盛りの「デスバレー国立公園」に行ってきました。

デスバレーと言えば…

世界一の暑さ。とにかく暑い。
絶景ポイント多数。

というイメージ。

デスバレーの中にある砂丘、地層、岩山などは映画やMVのロケ地になっていることもあるのですが、有名なのがスターウォーズ!

 

Star Wars in Death Valley - Death Valley National Park (U.S. National Park Service)
star wars in death valley

 

見覚えのある場所があり興奮しました…スターウォーズ好きな方ならきっと、あのシーンの場所だなとピンとくるはず。

 

☑この記事の内容

・私の好きなデスバレー絶景ポイント
・デスバレーでの服装・持ち物

☑この記事がオススメな人

・ロサンゼルス、ラスベガス旅に日帰りでアウトドアプランを盛り込みたい人
・砂漠好き、スターウォーズ好きな人
砂漠&スターウォーズ好きな方。。めちゃめちゃ気が合いそうです。笑
今後ともどうぞよろしくお願いします!笑

まずは基本情報から。デスバレー国立公園ってどんなところ

場所はカリフォルニア州とネバダ州の間

ラスベガスからだと車で2時間、ロサンゼルスからだと車で4~5時間。

デスバレー国立公園の中は半日あれば一通り見て周れます。

どちらかを拠点に旅行する際の日帰りの行き先として組み込めそう。

ベイエリアからは車で8時間。ひたすら真っ直ぐなハイウェイが多いので意外と運転自体は楽です。

どこまでも地平線を感じる道は圧巻でした。

世界一の暑さで有名

訪ねた時の気温は…118℉(48℃)!!!早速洗礼を受けて、もう笑うしかない感じ。

ああ、今まさに肌が日焼けしていってるな…

と分かるくらいの日差しですが、驚いたのは…意外と耐えられること!(もちろん暑いのは暑いんですが)

やはり、日本と違ってかなり乾燥しているからかなと思いました。例えるなら、デスバレーの乾燥した暑さはドライヤーを全身に浴びているような感覚。体感としては日本の蒸し暑さの方がより暑い気がします。

そして48℃の暑さに感動していたのも束の間、このわずか3日後に130℉(54.4℃)が観測されたとのニュースが!

これまでの世界最高気温は1913年7月にデスバレーで観測された56.7℃。

今回の54.4℃は、8月としては世界史上最高、かつ、全期間を通して世界史上2番目の高温、さらに107年前の記録の信憑性が疑問視され、今回の記録が世界一になる可能性があるそう!!

なんというタイミング。笑 せっかくなら54℃の暑さを体感してみたかったです。

ちなみに本来の観光ベストシーズンは11月~4月らしいです。
暑い~といいながら周るのも楽しいですよ笑

2020年8月現在の現地の状況は?

ビジターセンターはCovid-19の状況を見つつ、順次再開している様子でした。

・Stovepipe Wells Ranger Station : 営業再開
・Furnace Creek Visitor Center : Book Storeのみ再開

軽食・お土産物の販売、ガソリンスタンドは通常通り。

また街のスーパーなどと同様、屋内施設ではマスク着用が義務づけられています。

訪問客も少なめで安心といえば安心でした。

デスバレー国立公園の絶景ポイント

いくつかデスバレー内でもポイントがあったのですが、個人的にここが良かった!というポイントを3つご紹介。

モスキートフラット砂丘 Mesquite Flat Sand Dunes

個人的に一番のお気に入りはこの砂丘。

こちらはスターウォーズエピソード4の冒頭R2-D2とC3POがルークの故郷の砂漠で練り歩くシーンのロケ地だそうです!

EXT. TATOOINE - DUNE SEA

引用:https://www.panamintcity.com/exclusives/starwars.html

参考ブログ Star Wars In Death Valley – The Dune Sea

確かに砂丘の向こう側に見える山々のシルエットが一致してました…!!感動…!

 

そして…夜は満点の星空、朝は朝日に照らされる砂丘。

大自然の美しさに圧倒されるばかりで、ずっとカメラを向けていても飽きませんでした…。今回のロードトリップで一番写真を撮った場所です。

0時過ぎ。夏だったので天の川も見えました。

ペルセウス座流星群の時期も近かったので1分に1度は流れ星が見えました。

夜明けは6時過ぎ。

朝の時間帯に空きがあれば、朝日もおススメ。

6時~7時までいましたが、太陽が昇り始めると刻一刻と砂の色が変化します。影のコントラストが濃くなっていくのを見るのは本当に楽しいですよ。。。

ゴールデン キャニオン Golden Canyon

こちらもスターウォーズのロケ地。エピソード4でR2-D2がオビワンを探しにいくシーンがこちらで撮られていたようです。

 

地層が斜めにせり出しているのが特徴的。
草木もなく動物の気配も感じられず…地球ではないどこか別の星?と思わせるような雰囲気は、映画の世界そのままでした。

starwarsindv13

引用:https://mountainhat.com/2016/04/14/death-valley-midday-copper-starwars/

参考ブログ Star Wars In Death Valley – The Jawas Hunt R2

 

 

 

また、こちらで見かけたのが「暑さ注意」の標識。
午前10時以降は歩かないように…と。なんとも迫力満点の標識です。

バッドウォーター Bad Water Basin

こちらは北アメリカで一番低い場所(海抜 -86メートル)、かつ、デスバレーで最も暑い場所

デスバレー自体が盆地構造ですが、中でもバッドウォーターは最も低いポイントという事で暑くなるそうです。

こちらはスターウォーズではないですが、L’Arc~en~Ciel の「winter fall」のPVロケ地とのこと!後から知って映像を見てみたら確かにそうでした…!

実は世界で一番暑い場所で歌っていたなんて…曲名からは思いもよらない事実に驚きです。

デスバレーでの服装・持ち物

暑さ・日差し・乾燥のトリプルコンボ

もしデスバレーに行く場合はこの3つを考慮して準備していきましょう!

服装
服:軽装でOK(ほとんど車で周るので)
靴:基本はサンダルでもOK(砂丘は砂が熱そうだったので登山靴で入りました)

現地ではTシャツ+Gパン+サンダルというスタイルの人がほとんど。日陰がほぼないので、日焼け対策で薄手の長袖があってもよさそうです。

8月は夜でも暑いので寒さ対策は必要ありません(夜でも30℃以上あります…)

持ち物
暑さ:飲み物、手持ち扇風機
日差し:帽子、サングラス、日焼け止め
乾燥:スキンケア品、リップクリーム

見落としがちなのがリップクリーム。すぐ乾燥するので持っておきましょう。

私も気を付けていましたが翌日には少し唇が荒れてしまいました。日焼け止め機能があるものを持っていくと良いと思います。

 

今回は以上です。デスバレーに行く際の参考になれば嬉しいです。良い旅を~!

航空券をチェック 早割はこちら!<エアトリ>



コメント

タイトルとURLをコピーしました