【自己分析】ストレングスファインダーを受けてみた|診断は書籍購入がおススメ

ストレングスファインダー 仕事&学び

今回は「ストレングスファインダー」についての記事です。

ストレングスファインダーは、アメリカのギャラップ社が提供している自己分析ツール。

たまに、SNSの「自己紹介」でもストレングスファインダーのTOP5要素を載せている方を目にすることがあります。

受けた人の話を聞いた事はあったけど、実際どんな診断で、どんなフィードバックがもらえるんだろう?

今回は実際に受けてみての私なりの感想と、受ける際のポイントなどシェアしたいと思います。

 

☑この記事の内容

・ストレングスファインダーとは
・実際の診断結果
・やってみた感想

☑この記事がオススメな人

・自己分析に興味がある
・自分のキャリアを再考していて、強み・弱みを知りたい
・所属している会社の人事制度で、自己診断ツールなど使う機会がない

こういう自己分析、面白いから個人的には好き。

興味ある方は、以下読んでみてください。

ストレングスファインダー®とは

ストレングスファインダー

引用:GALLUP 公式サイト

概要

ストレングスファインダーとは、ギャラップ社が開発した「個人の強みを見つける」を見つけ出す才能診断ツール。

サイト上で177個の質問に答えるとそれが分かるというものです。

集中して行えばすぐ終わるボリューム感。

1時間以内で回答結果までもらえます。

 

設問数 177問
所要時間 合計45~60分程度(登録・決済に15分、回答に30分程度)
テスト費用
※2020年6月現在
①Top5資質のみ診断
書籍+受験コード:1,980円
公式サイトでコードを直接購入:2,340円

②Top5資質診断後→34資質も診断
公式サイトでコードを直接購入:4,680円

③34資質すべて診断
公式サイトでコードを直接購入:5,850円

 

(最後にも書いているのですが…結論、①の書籍+受験コードが一番お得でおススメです。)

Amazonで情報を見る ▸ さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

導入実績は?

以下の公式サイトによると…

 

・2018年現在で2,300万人の方々がこのテストを実施
フォーチュン500社の90%以上が、クリフトンストレングスを活用し、強みに基づく人材開発を行っている

 

実施規模も大きく、世界をリードする企業の殆どで受けられているテストのようです。

参考サイト クリフトンストレングスの歴史

 

フォーチュン500社というのは、米国のフォーチュン誌が毎年1回発表している、世界中の会社を対象とした総収益ランキングのこと。

 

気になる人は以下のサイトを覗いてみてください。

参考サイト Global 500 | Fortune

 

ちなみにギャラップ社は米国の世論調査・コンサルティング事業を行う企業。ニュース等で見る数値データなどで”ギャラップ社調べ”と目にすることもあります。

実際に受けてみた!ストレングスファインダー®の診断結果

私の上位5資質はこんな感じでした

診断から結果が出るまでは40分くらいでしょうか。実際に実施してみた結果がこちらです。

実際は34個すべての資質がランキング形式でフィードバックされます。

 

ストレングスファインダー

 

左側の「資質名」だけみると、ピンとこない言葉もありますが、詳しい詳細解説を見ると、どれもなるほど…!という内容でした。

 

設問のほとんどがビジネスシーンでどう判断するか?という内容なので、単なる性格診断ではなくビジネスパーソンとしての振る舞いを前提とした強み・弱みが出てきます。

 

【ここがいい!】診断結果を活かすためのアドバイスが用意されている

自己分析

診断後、結果を開示しているマイページ上では

  • その資質が上位に出てきた人のための、アイディア、成功へのアドバイス
  • その資質が下位に出てきた人のための、対処法、考え方の示唆
  • その資質を活かしたいと思う人のための、資質を強みに変えていくための行動

などの行動アドバイスが詳しく解説されています。

 

「こういうシーンで、こういう人に対して、こういう行動を取りましょう」

といった風に具体例が示されているのが良かったです。

 

ちなみに、私は34の資質全てを診断するタイプのもので受けたので、上位から下位まですべてフィードバックされてます。

弱みは自覚してて耳が痛くなるものも。。

 

上位・下位の捉え方としては、このような感じでしょうか。

・上位に出た資質 → さらに伸ばして強みにする。キャリアや副業を考える切り口に
・下位に出た資質 → どんな行動を取りがちかを自覚して補強・勉強する

 

どんな事でも目的意識があるのとないのとでは取り組み方が変わってくるのと同じで、強み、弱みを「分かっている」だけでも、普段の意識は変わると思います。

まずは、それだけでも受けた価値はあったかなと(もちろん行動しなくてはいけないですが)

会社員の方はもちろん、フリーランスの方・学生の方もおススメ

今回受けてみた理由としては、組織に属さない状態でいると「自己を振り返る機会」が圧倒的に少なくなった事に気づいたからです。

フリーランスの方、起業されている方、学生の方などは、受動的に自己診断の機会を得ることはなかなか無いのではないかと思います。

自分の強み・弱みがどの方向に傾いているかを把握する一つの手段として役立ててみてはいかがでしょう。

何度も受ける必要なし。但し、仕事や立場の変化で結果に影響あり

そういえば、これってどのくらいの頻度で受けるものなんだろう…?

と疑問に思ったので調べてみたところ、診断で分かるのはその人の「特性」の部分なので、基本は変わらない=頻繁に受ける必要はないようです。

ただし、設問がビジネスシーンでどう判断するか?なので、仕事の内容や立場の変化でも優先的に表れる資質は変わってくるようです。

ストレングスファインダー®の受験の仕方

テスト受験

受け方としては2通り。

①受験コードが付いた書籍を購入し、公式サイトでコードを入力して受験
②公式サイト(もしくは公式アプリ)にてオンライン決済して受験

のどちらかとなります。

オススメは断然、書籍購入!

トップ5を診断するためのコードと解説がセットになった書籍は2種類ありますが、どちらを購入してもオンラインで受けるより安い値段(1,980円)で解説書籍が手に入ります

お得すぎます。

私は全34資質=5,850円掛かったんですが、書籍を持つ友人の話を聞いていると正直書籍も欲しくなってしまい。。少し勿体ない事をしたかなと思っています。。笑

 

ベーシックな方はこちら。

自己分析の目的がマネジメントに寄っている方はこちらもチェックしてみてください。
【注意】中古本を購入してしまうと、コードが使用済みの可能性が高いので注意してください!

オンラインは手軽に受けられるさが〇

海外在住で書籍が簡単に手に入らない、すぐ受けたい、という方はギャラップ社の公式サイトもしくは公式アプリに直接アクセスしてテストを受けましょう。

公式サイト ギャラップ社公式サイト

 

PC・スマホどちらでもOKですが、落ち着いてテストを受ける&選択ミスを無くすためにも、PCで受験しましょう。

まとめ

以上、ストレングスファインダーのご紹介の記事でした。

①ストレングスファインダー®は「強みを発見できる」テスト
②所要時間は1時間以内。手軽に完了。
③受験するなら書籍が絶対お得。
興味が湧いた方はぜひamazonのレビュー記事で、受けられた方の感想を覗いてみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました